町田 貴大 町田 貴大

ホリベマシナリーに入社を決めたきっかけは?

前職での事業縮小に伴い、自分の所属していた部署が解散になるという話を聞き、転職を考えていた時に、ホリベマシナリーで働く知人から「うちで働かないか?」とお話をいただきました。
見学に伺ったところ、経営と現場が遠隔地にあった前職と違い、拠点が一ヵ所に纏まっており、100人規模の大きさは、部署間の意思の疎通がしやすく、フットワークの軽い仕事ができそうな印象がありました。
また、従業員同士が和気あいあいと仕事をしている姿が印象的でした。
長い歴史のある会社でもあるので、工作機械の歴史が凝縮された会社の風格にも魅力を感じました。

町田 貴大
町田 貴大

他の機械メーカーと自社が違うところは?

弊社の工作機械の作り方はブロックビルド方式といい、機械の構成を、ユニット毎に数種類用意し、その組み合わせによって、開発コストを抑えつつよりお客様のニーズに合った工作機械を提供できることを強みとしています。
もちろん全くの新設計機に対しても、長年蓄積した実績により、柔軟に対応することができます。

入社から現在までの仕事内容は?

入社後の半年間は、工作機械分野は未経験ということで、新卒者と同じように研修を行いました。
加工、組み立て、営業をそれぞれ2ヶ月ずつ経験し、工作機械とは何か、金属加工とは何かを学びました。
営業の研修では、海外のお客様との打ち合わせに同席し、稚拙ながら英語でコミュニケーションを取りることができました。
その後の半年間は加工課にて、部品の加工を通して旋盤加工の技術を学びました。
そして、入社2年目より、現在のサービス課に配属になり、組みあがった機械の調整やお客様との打ち合わせ、客先への納入時の立会いや、現在稼働している設備のメンテナンスやトラブル対応をしています。

町田 貴大
町田 貴大

会社の雰囲気は?

弊社は、大き過ぎず、小さ過ぎずの会社規模の良いところがよく出ており、社員同士の距離が近く、全体を見渡して連携を取りながらの仕事がしやすい環境です。
設計から製造、組み立てまで、部品の流れを追いかけて仕事ができるので、現状を把握しながら、自分が何をするべきか考えながら予定を立てることで、効率的な作業をすることができます。
また、先輩社員の方々は面倒見の良い方が多く、知識も豊富なので、仕事に関する相談から世間話までとてもよく面倒を見てくれます。